• HOME
  • 沖縄の介護福祉完全ガイド

介護施設の調理業務に資格は必要?仕事内容や給与、待遇は?

この記事では、介護施設の調理業務を行うスタッフの仕事内容や資格、給与などを紹介しています。
介護施設の調理業務の仕事に興味がある方は参考にどうぞ!

介護施設の調理業務は誰が行う?

介護施設の調理業務って誰が行っていると思いますか?
介護施設の食事は、施設によって作る人が違います。

例えば、

・施設内に厨房があり、施設のスタッフが調理している施設
・施設内の厨房で委託業者が入り調理している施設
・食事の提供はすべて弁当を依頼している施設
・入居している利用者さんと一緒に食事を作る施設

など本当に施設によって大きく違います。
食事の提供だけでもこれだけ大きく違うので、施設で働く場合はよく確認が必要ですね!

施設で作る場合のスタッフは?

施設で食事を作る場合、どのようなスタッフがどんな仕事内容をしているのでしょうか?
介護施設の調理業務は以下のようなスタッフが行っています。

・調理師
・調理員や調理補助

それではそれぞれの仕事内容を紹介します。

調理師の仕事

調理師の資格は専門学校や養成施設で学び取得したり、実務経験後都道府県が実施する調理師試験に合格したりすることで取得できます。
介護施設の厨房スタッフとして働くために、必ずしも調理師免許が必要というわけではありませんが、調理師免許を持っておいた方が就職はしやすい傾向です。
また介護施設では、高齢者特有の調理も必要となるので、ある程度の知識があると仕事がしやすくなります。

調理師の仕事内容は施設によって違いはありますが、

・基本的な調理業務
・食材等の発注
・事務作業(点検や検品など)
・献立作成
・調理場の清掃、食器洗浄

などです。

また介護施設では、一人ひとりに合った調理、例えば、

・嚥下に障がいがある利用者には、ペースト食やとろみ食
・咀嚼に障がいがある場合は、キザミ食や一口大の食事
・糖尿病や腎臓病の人への配慮

などさまざまな形態の調理が必要となります。

また麻痺などの障がいのある利用者もいるので、介護職と相談しながら、食器や自助具の工夫も必要で、そのあたりの管理も調理師が行うことがあります。

介護施設の厨房業務では、必ずしも調理師免許を持ったスタッフばかりではないので、調理師免許を持っている人は、現場のリーダーとなることも少なくありません。
現場のリーダーとなった場合は、調理スタッフへの指導や助言なども調理師の仕事となります。

調理員や調理補助の仕事

介護施設の厨房では、調理員や調理補助など、資格を持たない調理スタッフも働いています。
調理員や調理補助の仕事は、調理師の指示を受けるなどして、

・調理の下ごしらえ
・盛り付け
・後片付けや掃除

等がメインの仕事です。

またそのほかの職種として、介護老人保健施設や介護老人福祉施設などの一部の施設では、栄養士の配置が義務付けられており、栄養士等が献立を立てる等の業務に携わっている施設もあります。

調理師や調理スタッフの給与&待遇は?

ここからは調理師や調理スタッフの給与や待遇を紹介していきます。
なお調理師や調理スタッフの給与及び待遇は、「ジョブメドレー沖縄の令和3年11月の求人情報」を参考にしています。

調理師/調理員の給与&待遇

沖縄県の介護施設では、調理師免許必須の条件は少なく、調理師および調理員としての求人がほとんどの状況です。

調理師/調理員の給与のめやす

調理師/調理員は、パート、正社員どちらの求人もまんべんなくあります。
給与の相場は、

・正社員の月給:140,000円~160,000円
・パートの時給:800円~950円

あたりが多くなっています。

調理師/調理員の待遇

パートでも正社員でも、多くの施設で通勤手当が支給されています。
正社員の求人では、賞与の支給がある求人が多い傾向ですが、昇給は設定されていない求人が多めです。

勤務時間や条件

勤務時間は、

1)8:30~17:30の定時
2)朝食や夕食に合わせて、朝6時~や、夜19時までの不規則な勤務帯がある
3)朝のみ、昼のみなど短時間勤務がある

など施設によって大きく変わるため、応募する際はよく確認が必要です。
全体的にみてシフト制の求人が多い傾向です。
どの求人でも、時間外勤務なしとされているところが多く、残業は少なそうな印象です。

業務経験は不問の求人が比較的多めですが、経験があると優遇されるところもあるようです。

その他の情報

パートの求人では週3日程度の勤務としている施設が比較的多めになっています。
再雇用、勤務延長など70歳まで働ける施設もなかにはありました。

働ける施設は?

最後に、調理師や調理員が働ける介護施設について簡単に説明します。

介護老人保健施設、介護老人福祉施設

介護老人保健施設や介護老人福祉施設は、いわゆる介護保険施設。
一般的に要介護度が重度の利用者が多く、食事形態も幅広く対応が必要です。

この2施設には栄養士や管理栄養士が勤務しており、利用者に合わせた献立など、栄養士等が中心となって行うため、栄養士の指示を受けたり協力したりして、調理業務を行います。

また宿泊のある施設なので、早出、通常勤務、遅出などの交代制勤務がある場合が多い傾向です。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、一般的に要介護度が軽度の利用者が多く入居するアパートのような施設です。
栄養士は在籍していないことが多いので、調理師が中心となって厨房業務を行います。
サービス付き高齢者向け住宅では、3食お弁当発注の施設もあります。

デイサービス

デイサービスは日中通所という形で、利用者に入浴、食事、機能訓練、レクリエーションなどを提供する施設です。
デイサービスの厨房業務では、一般的に昼食とおやつを用意するようになります。
ただ、デイサービスと宿泊施設が同じ敷地内にある事業所も多く、勤務時間は宿泊施設と同様、交代制勤務の事業所が多い傾向です。

グループホーム

グループホームは、認知症のある利用者が少人数で共同生活を送る介護施設。
調理や掃除などの家事は、スタッフと利用者が一緒に行うため、調理業務は介護職などが行うことが多くなります。
グループホームで調理業務を行うなら、介護の知識も必要でしょう。

まとめ

今回は介護施設の調理業務を行うスタッフの仕事内容や資格、給与などを紹介しました。
この記事をまとめると以下のようになります。

この記事のまとめ

  • 介護施設の調理業務は、調理師や調理員が厨房で行う、業務委託、弁当利用など施設によってさまざまである。
  • 調理師は、基本的な調理業務のほか、食材の発注や献立作成、事務作業から調理場の清掃まで、その仕事内容は多岐にわたる。
  • 沖縄県の求人では、調理師免許必須の条件は少なく、給与は、正社員で月給140,000円~160,000円、パートで時給800円~950円あたり相場となっている。
  • 調理師の介護施設での勤務は、食事の時間に合わせて、朝方から夕方までの交代制勤務が多く、残業は少ない傾向である。

さまざまな介護施設で活躍する調理師。
なくてはならない大切な職種で、これからはさらに介護の知識なども必要になってきそうですね!

ライフデザインは“福祉のプロ”として地域に根差した支援を提供。
研修制度が充実し、資格取得支援もあり!
明るく元気なホームヘルパーさん大募集です♪

【募集番号0083:】訪問介護あろは もろみざと:登録ヘルパー