• HOME
  • 沖縄の介護福祉完全ガイド

放課後等デイサービス(児童デイ)の関係機関とは?児童発達支援管理責任者は誰とどんな調整をする?

今回は児童発達支援管理責任者の業務内容や、そのなかでも特に関係する機関との連携や調整について解説しています。
児発管の仕事の様子について知りたい方は参考にどうぞ!

児童発達支援管理責任者(児発管)とは?

どのような仕事をする人?

児発管は、放課後等デイサービス(放デイ)などの子どもの支援を行う施設で働く職種。
個別支援計画の作成をメインに、スタッフの教育や関連機関との連絡調整など、事業所の運営に欠かせない仕事を行います。

仕事内容

児発管の業務内容は働く場所によって若干違いますが、柱となるのは以下の4つです。

個別支援計画の作成
利用者・保護者との相談支援
スタッフの教育、指導

個別支援計画の作成、運用

児発管のメインの業務は個別支援計画の作成、運用です。
放デイなどでの療育支援は、基本的に一人一人に合わせた療育計画を中心に行われます。
児発管には療育の方針となる計画を作成し、継続運用していく最重要の役割があります。

利用者・保護者との相談支援

利用者の困りごとやサービスに関する相談を受けるのも児発管の大切な仕事の一つ。
利用者や保護者がサービスを利用するとき、事業所のなかでまず相談にのるのが児発管の役割です。

またサービスを利用した後も、児発管は継続的に利用や生活について相談支援を行います。
児発管は、児童の療育を行う事業所において、利用している児童や保護者に一番近い存在になっています。

スタッフの教育、指導

サービスの提供に関してスタッフへの教育や指導を行うのも児発管の仕事です。
そのため児発管には、計画作成の知識だけでなく、障がいや療育方法の知識、リーダーとしての資質などが必要です。

他機関との連携、調整

外部機関との連携や調整も児発管の仕事です。
療育支援を行う事業所にとって、利用者の生活全体を考えてサービスを提供することは、とても大切な視点です。
生活全体をみるためには関係機関との連携は必須で、この連携も児発管の大切な役割の一つです。

働く場所

児発管のおもな就業先は以下のとおりです。

・放課後等デイサービス
・児童発達支援事業所
・障がい児入所施設
・保育所等訪問支援

児発管は、多くの児童支援施設で活躍できる職種です。

放デイでの児発管 具体的な業務は?

ここからは放デイでの児発管の、具体的な業務の内容について解説します。

おもな仕事内容

まずはメインとなる仕事内容を紹介します。

・個別支援計画の作成、運用
・利用者、保護者との相談支援
・スタッフの育成、指導
・他機関との連携、調整

おもな仕事内容は前項で述べたとおりで、どの児童発達支援施設で働いても、大きく変わることはありません。

その他の仕事

メインの仕事以外にも、各事業所ごとにさまざまな役割があります。
ここからは放デイでのその他の仕事について紹介していきます。

・療育プログラムづくり
・送迎
・療育支援
・利用準備、後片付け
・サービス提供記録

放デイで行う療育のプログラム作成は、他職種協働で行いますが、児発管が中心になって取り組むことも多いです。
また療育プログラムを作成するだけでなく、実際の療育支援にも参加したり、実務をとおして現場スタッフに指導したりもします。

さらにサービスを提供するフロアの準備、後片付けなども、放課後等デイサービスでは他職種と協働で行います。
事業所によっては送迎に参加することもありますね!

このように放デイにおいて児発管は、療育計画の作成や他機関との連携など一般的な業務だけでなく、直接的な療育支援など仕事は多岐にわたります。

放デイ児発管 関係機関との連携、調整

それでは最後に放デイで児発管が行う、対象関連機関の種類やそれぞれとの連携内容を解説します。

放デイに関連する機関は以下のとおりです。

・学校、教育機関
・保育園、幼稚園
・相談支援事業所
・行政機関
・医療機関

それでは各関連機関との連携内容について紹介していきます。

学校、教育機関

放デイと学校などの教育機関の連携は、障がい児の療育にとって非常に重要なポイントとなります。

学校での学習状況を確認すれば、放デイでの療育支援の内容に生かすことができますし、放デイでの療育内容や把握している障がいの状況などを学校等へ情報提供できれば、学校も安心して教育を提供できます。

お互いの状況について情報交換するには、放デイ側では、児発管の果たす役割がとても大切です。

保育園、幼稚園

保育園、幼稚園も学校と同様とても大切な連携先の一つです。
連携の内容も学校と同じく、放デイでの療育内容や活動状況、障がいの状態や友達との関係など放デイでの様子を保育園、幼稚園に伝えます。

保育園、幼稚園での様子も確認できれば、その後の療育支援にもプラスになるでしょう。

相談支援事業所

基本的に放デイなどの障がい福祉サービスは、相談支援事業所で個別支援計画を作成してもらい、それをもとにサービスを利用します。

放デイを利用している児童は、他のサービスも利用していることがあるため、相談支援専門員は、児童の生活全体をみてサービス調整を行っており、各サービスの状況把握は必須です。
放デイは、担当の相談支援専門員に、サービスの利用状況を報告する必要があり、その連絡調整も児発管の仕事です。

他のサービス事業所

放デイを利用している子どもたちは、前述したとおり放デイ以外にも複数の障がいサービスを利用していることがあります。
他のサービス事業所との連携は相談支援事業所をとおして行うことが多いですが、場合によって直接やり取りすることもあります。

また直接ではなくても、情報提供書を作成し相互の情報交換を行うこともあり、それも児発管が行います。

医療機関

放デイでは、多くはないですが、絶えず医学的管理が必要など、重度の心身障がいを抱えている児童も利用しています。
重症心身障がい児が安全で安心して利用できるように、医療機関との連携もとても大切です。

企業や官公庁等

放デイのなかには就職に向けての支援を行っている事業所もあります。
このような事業所では、利用児童の就職に向けて、就職予定の企業や官公庁等との連携も必要で、その連絡調整や相談援助も児発管が中心となって行います。

このように放デイでは、利用児童が安心して療育できより質の高い生活が送れるように、さまざまな関係機関と連携を行っており、児発管は連携の要としての大切な役割を担っています。

まとめ

今回は児発管の仕事内容、放デイの関係機関との連携や調整について紹介しました。
この記事をまとめると以下のようになります。

この記事のまとめ

  • おもな仕事内容は、療育計画の作成ほか、利用者・保護者の相談支援や他機関との連携。
  • 放デイでは、おもな仕事以外に、療育プログラムの作成、現場での療育支援、送迎などその仕事内容は多岐にわたり、とても重要な役割を担っている。
  • 学校教育機関、相談支援事業所、医療機関、企業や官公庁など、多くの関係機関との連携業務がある。

児発管は、計画の作成のほかにも、関係機関との連携など大切な仕事があり、とてもやりがいのある素晴らしい職種ですね!

ライフデザインは“福祉のプロ”として地域に根差した支援を提供。
資格取得支援制度や研修制度が充実しキャリアアップも可能!
頼りになる児童発達支援管理責任者さん大募集です♪

【募集番号0046:】児童デイサービスまはろ天久:児童発達支援管理責任者