• HOME
  • 沖縄の介護福祉完全ガイド

特養の生活相談員ってどんな仕事?資格や給与は?沖縄の求人状況もチェック

特別養護老人ホームの生活相談員について仕事内容、資格、給与などについてお伝えします。
沖縄の生活相談員の求人数・待遇等についてもご紹介いたします。

特別養護老人ホームの生活相談員について

生活相談員とは?

私自身経験がありますが、生活相談員をひとことで言えば「なんでも屋」です。
相談業務はもちろん、介護業務や事務業務、他の職種との連携や調整など多岐渡る業務を行います。
特別養護老人ホームの「窓口」「顔」的な存在が生活相談員です。

生活相談員については、以下のように定義されています。
特別養護老人ホーム、指定介護老人福祉施設、通所介護事業所などに配置され、利用者の相談、援助等を行う者をいう。社会福祉主事任用資格と同等以上の能力があり、適切な相談、援助等を行う能力を有すると認められる者とされている(『三訂 介護福祉用語辞典(増補版)』中央法規出版、2006.)。
厚生労働省:介護保険の解説 -用語編 -生活相談員より抜粋
https://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/commentary/term.html#term4-33

生活相談員の業務内容とは?

生活相談員の業務は多岐にわたりますので、下記の表にてまとめて見ました。

介護関連業務

事務関係業務

その他業務

入居に関する相談窓口 日次報告記録記入 入居者向けアンケート調査
入居者希望者の情報整理・多職種との共有・受け入れ 利用契約締結(入居説明・契約内容説明・リスク説明) 利用者の状況・様子・経過等のご家族へ報告
業務マニュアルの作成、マニュアル化のための会議開催・報告書作成 介護保険証確認(有効期限・要介護度・単位数等)

生活保護手帳・老人医療受給者証・健康保険証等管理(基本はコピー)

ケースカンファレンスの開催、司会進行、召集、参加、記録
施設内清掃の管理、整理整頓の徹底 予定表作成・管理(稼動状況を把握し随時受入の調節を行う) 入居者家族会議の参加、開催、召集
介護計画書作成 入居者の名簿作成・更新 空き状況の把握・お知らせ配布
個別経過表作成等 入居者の金銭管理 見学者・来客者対応
予防接種(家族への了解、手配、接種後の重点的観察等) ケースファイルの作成、管理 病院、居宅ケアマネジャーへ新規入居者獲得の営業活動
入居者時の受け入れ、退去(異動)手続き) 職員採用に関する窓口 施設ケアマネとの連携
新規職員へのオリエンテーション、業務伝達、教育 職員会議・施設内ケアカンファレンス開催調整、進行係 施設ホームページ更新管理
勤務表作成、業務分担表作成 会議、カンファレンス等議事録作成
行事企画、計画、実行 ボランティア団体との連絡調整
備品管理、業者選定 国保連請求業務・利用料請求業務(事務員と連携)
利用者服薬内容の把握 利用料金請求業務
緊急時・事故時の利用者付き添い、連絡調整

生活相談員になるには?

生活相談員になるには資格の要件があります。
資格要件は都道府県により微妙に要件が変わります。

沖縄県の生活相談員になる資格要件について調べてみました。
生活相談員の資格要件については、以下のとおりです。
・ 社会福祉士
・ 社会福祉主事任用資格
・ 精神保健福祉士
※ その他、これらと同等の能力を有すると認められる者

なお、 平成22年7月1日から、介護従事者の専門性の評価、キャリアアップを図る観点から、「※その他、これらと同等の能力を有する・・・」者を次のとおり、区分けします。

・ 介護福祉士
・ 介護支援専門員

引用:沖縄県の生活相談員の資格要件の変更について
https://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/fukushi-miyako/fukushi/kaigo/documents/seikatsusoudanin.pdf

資格要件の社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士は国家資格、介護支援専門員(ケアマネジャー)は公的資格に分類されます。
国家資格や公的資格より早く取得できるのが社会福祉主事任用資格です。
この任用資格は都道府県や市町村で社会福祉に関わる仕事や社会福祉事務所にて業務を行う際に必要な資格です。
資格取得のためには社会福祉主事任用の講座があります。

社会福祉主事任用講座についての情報
中央学院
厚生労働省:社会福祉主事任用取得の方法
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/shakai-kaigo-fukushi1/shakai-kaigo-fukushi9.html

精神保健福祉士とは

介護福祉士や社会福祉士は聞いたことがあるけれど、精神保健福祉士って?という方が多いと思います。
精神保健福祉士について解説いたします。

精神保健福祉士は、精神的な悩み等で困っている方やその家族の相談を受け、公的なサービスや関係機関へ紹介する精神保健に特化した相談業務を行う職種です。
精神保健福祉士はその専門性の高さから医療機関をはじめ、行政機関、障がい者制度、介護福祉制度、社会福祉協議会など活躍が幅広い資格です。

参考:公益社団法人日本精神保健福祉士協会
https://www.jamhsw.or.jp/psw/index.htm
厚生労働省:精神保健福祉士の取得方法について
https://www.mhlw.go.jp/content/syutokuhouhou.pdf
厚生労働省:精神保健福祉士について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/seisinhoken/index.html

生活相談員の給与について

生活相談員の給与については年々増加の傾向です。
令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果によりますと、生活相談員・支援相談員(老人保健施設)の給与は令和2年度で 355,150円、平成31年度で343,970円。
その差は 11,180円となります。
介護職員 325,550円と約3万円(年額36万)の差があります。
キャリアアップとなる介護支援専門員(ケアマネジャー)は362,510円になります。

参考:厚生労働省 令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/20/index.html

沖縄県の生活相談員給与の状況について

沖縄県の生活相談員の平均年収・給与は192,922円です。
給与にはどうしても地域差がありますが、沖縄県と人口規模が近い岩手県では177,657円です。
沖縄県の平均給与は、岩手県よりも月給で15,264円高くなっています。

※インディード調べ 1120件の給与報告、最終更新日: 2021年11月3日

https://jp.indeed.com/career/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E7%9B%B8%E8%AB%87%E5%93%A1/salaries/%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C

沖縄県の生活相談員の求人について

沖縄県の生活相談員の求人には30件あります(ジョブメドレー調べ11/8日現在)。
うち28件がデイサービスで特別養護老人ホームの求人は1件にとどまります。

求人の内訳
通所介護(デイサービス)  26件
特別養護老人ホーム     1件
老人保健施設(支援相談員) 1件
包括支援センター(社会福祉士)2件
ジョブメドレー 沖縄県の生活相談員求人情報
https://job-medley.com/la/pref47/

まとめ

特別養護老人ホームの生活相談員の仕事内容や資格について解説してきました。

この記事のまとめ

    • 生活相談員の仕事は相談業務以外に介護関連業務、事務業務など業務の幅が広い。
    • 生活相談員の資格要件には 社会福祉士・ 社会福祉主事任用資格・ 精神保健福祉士の相談専門資格と介護福祉士・居宅介護支援の資格も要件になる。
    • 生活相談員の給与は介護職よりも高い、求人はデイサービスの募集が多い。

ライフデザインでは放課後等デイサービスで社会福祉士、精神保健福祉士などの有資格者を募集しています。
専門知識を活かして子どもたちの可能性を伸ばすお仕事です。
子どもが好きな方、ぜひ一緒に働きませんか?

【募集番号0030:】児童デイサービスまはろ志真志:児童指導員