働く人の声INTERVIEW

私のモットー「明るく楽しく働く」が実現できる場所 

吉原拓真
  • 職種:心理指導員
  • 所属:児童デイサービスまはろ宜野湾伊佐

児童福祉に関わる仕事がしたい

私は大学生の時に、こどもに関わるボランティア活動をしたことがあり、その経験を通して、こどもに関わる仕事に就きたいと考えていました。私はもともと、児童福祉と関係のない前職に就いていましたが、そこで一年間働いてみて、やはり児童福祉に関わる仕事がしたいと強く思うようになりました。そこで、職探し始めたところ、インスタグラムにライフデザインの広告を見つけたことで、まはろの存在を知ることができました。まはろについて色々調べていくうちに、興味を持ち、話を聞いてみたいと思ったのが、まはろを選んだきっかけです!

心理的な角度からアプローチしていきたい

現在は、心理指導員として勤務しています。学校などの環境や、その他でストレスを抱えている児童や、感情のコントロールが苦手な児童に向けて、心のケアに重点を置いて療育しています。普段の療育とは違う、心理的な角度からアプローチしていきたいと考えています!実際に、絵を用いて、感情を表にだす練習を療育方法として行っている児童がいます。絵で表現することで、感情を自由に表現する練習にもなり、可視化することで、本人やスタッフも感情を客観的に認知することが出来ます。
このように、児童それぞれの個性に合わせた療育法を、これからも、心理的角度から提案していきます!

一番の理解者・味方になりたい

感情のコントロールが難しく、課題や掃除の声掛けをしても、自分の世界に入ってしまい、中々声掛けが通りにくい児童がいました。まずはその児童の個別計画書を読み、信頼関係を築き上げていくことから始めてみました。具体的には、その児童の意見や、創作話を聞いてあげることで、一番の理解者・味方になろうと決め、実行していきました。そうすることで、段々と私の話も聞いてくれるようになり、今ではよくお互いの話を話し合う仲になれました!

求職者へのメッセージ

色んなことをポジティブに捉え、前向きに働ける方、お待ちしています!楽しく働くモチベーションを持っていると、周りもモチベーションが上がっていくと私は思います。まはろは、プライベートの時間もしっかり確保でき、仕事も真面目に働くことができる人材がいるので、気になった方はぜひ、お話を聞いてみてください!