働く人の声INTERVIEW

様々な職歴のスタッフがお互いの得意分野を活かして、質の高い療育を提供しています。

山城萌里
  • 職種:理学療法士
  • 所属:児童デイサービスまはろ宜野湾大謝名

仕事を始めたきっかけは?

小学校から習っていたバドミントンで高校時代に怪我をしてリハビリスタッフにお世話になったのがきっかけで理学療法士を目指しました。
もともと子どもが好きでいずれは小児分野に携わりたいと思っていましたが、沖縄県に移住してきたタイミングでまはろに出会いました。児童一人ひとりに合わせた個別支援や児童が安心して楽しく過ごせるよう課題のバリエーションを豊富に取り入れていることにとても魅力を感じ、入職しました。

現在の仕事内容は?

単なる身体機能の回復だけでなく、社会に参加するため、その人の身体的・精神的機能を最大限に引き出すために、一人ひとりの成長を支援する療育を行っています。具体的には、運動療育や創作活動等さまざまな活動があります。
子どもたちの長所を活かしながら、その子に合った個別支援や集団行動を積極的に取り入れています。

仕事をする上で大事にしていることは?

子どもたち一人ひとりの行動に注目して「褒める」ことを特に意識しています。発達障がいのある子どもは一般の子どもと比べて否定的な反応を引き出してしまいやすく、学校や家庭等でのやりとりが悪循環になってしまう傾向が多く見受けられます。
支援者側としてその子の「個性」を伸ばしていけるよう良い行動に着目し、子どもたちのやる気や自信に変えていきたいです。

この仕事のやりがいは?

身近で子どもの成長を引き出すお手伝いができることにとてもやりがいを感じています。成長スピードは個人差もあり、責任や根気強さが必要な職業だと思いますが、常に子どもたちの目線で寄り添い、共に成長しながら可能性を引き出していけるように頑張りたいです。

失敗したことは?

学生時代の話になりますが、慣れない土地での実習で体調を崩すことが多く患者様に心配をかけてしまうことがありました。きつくても我慢してしまうところがあり、担当患者さんや医療現場のスタッフさんにかなり迷惑をかけてしまったため、体調管理にはより一層気をつけて過ごしています。

今後、仕事で実現したいことは?

質の高い療育を提供できるよう積極的に勉強会を取り入れたいと思います。児童が社会へ参加できるよう、学校や家庭だけでなく現場で働く医療スタッフとも連携を取り、子どもたちが安心して過ごせる環境を作り上げていきたいと思っています。

職場や一緒に働いているスタッフは?

個性豊かなスタッフが多く、いろんな職歴のスタッフが集まっているため、それぞれの得意不得意な分野をカバーし合い、お互いを高め合える職場です。子どもたちのことを常に考え、全員が高いモチベーションで業務に励んでいるため毎日楽しく過ごしています。

あなたにとって(株)ライフデザインで働く魅力は?

年齢層も幅広くいろんな職歴のスタッフが集まっているためそれぞれの得意分野を活かしやすく、お互いに高め合える職場です。さまざまな活動を通して子どもの成長を支援し可能性を最大限に引き出していくお手伝いが出来ることや、資格を活かせるチャンスにも恵まれているのがライフデザインの魅力だと思っています。

休日の過ごし方は?

沖縄に移住してからはドライブやカフェ巡りをしてゆっくり過ごしています。運動も大好きなので、景色を見ながらウォーキングをして楽しんでいます。

求職者の皆様へメッセージ

資格の有無に関わらず子どもが大好きな人大歓迎です!ぜひライフデザインに飛び込んでみてください。