働く人の声INTERVIEW

専門職として責任感のある療育を

山田光咲
  • 職種:理学療法士
  • 所属:児童デイサービスまはろ宜野湾伊佐

ライフデザインで働く理由

沖縄に移住することを決心し、沖縄での就職先をリクルートで探していたところ、まはろ宜野湾の存在を知りました!移住する前は、病院で、高齢者を中心に理学療法士として働いていましたが、沖縄では、児童分野で働いてみたいと考えていたので、リクルートさんと相談し合った結果、まはろを紹介して頂きました!

「児童と仲良く元気よく遊ぶ」がモットー

児童全員がとても元気です!たまにそのパワフルパワーに押されそうになりますが、私自身運動することが大好きなので、負けないように楽しく遊んでいます!「児童と仲良く元気よく遊ぶ」が私のモットーなので、今でもそれは継続できています!
 姿勢が悪い児童がおり、保護者様から将来のために治したいという要望がありました。その児童の筋肉量や癖など、理療の視点から気付いたことを、スタッフ全体と共有し、どう改善していくか会議しました。そして筋力向上や体幹トレーニングを、私を中心に行っていくことで、今では、少しずつ猫背が改善してきています。その成長を感じた時、やりがいを感じました!

プライベートも充実!休日はダイビング

私は、沖縄の海でダイビングをしたくて沖縄に移住したので、沖縄での就職先は、プライベートの時間をしっかり確保できることが私の中の条件でした。その中で、まはろ伊佐は土日が休みと、残業なしという魅力があり、就職した今でもそれは変わりがないです!なので、休日はダイビングで沖縄の魚や海に触れることができ、とても充実しています!

楽しく働き、責任感のある療育を

楽しくて責任感がある人が来てほしいです!児童の成長の為に、一人ひとりにあった個別計画があるので、それを中途半端にせず、最後まで支援できる人が理想です!また、私が専門職なので、今後様々な専門職が集まれば、療育の質がさらに向上できると思うので、専門職の方もぜひお待ちしています!